2013年08月19日

この世は理想の(略)… 語彙、語調等

■語彙、語調など言葉そのものについて

歌詞に使われてる、語調や語彙、言葉選びに関する、
個人的な採用のポイントです。(あくまで私個人のものです)


・比較的ストレートな歌詞
めんどくさいテーマを扱う事が多い上で、私はじゃあ分かり易い言葉の方がいいと考えています。
あまり遠まわしな言い方とかは使わない方針です。


・若者の話し言葉のような語調
ストレートな歌詞と合わせて、分かり易い、聞き取り易い、共感し易い、この3点から重視しています。
古風や高貴な雰囲気の言い回しは殆ど使わない方針です。


・共感ポイントは「感情」を重視、理想や現状は注視し過ぎず
恋愛歌で無いテーマを扱う場合に難しいのが共感性なんですが、それ故に特に重要かなと考えています。
でも理想や現状を固定すると、聞き手によって全く体験した事が無かったり、興味の無い方向だったりです。
そこで、じゃあ理想や現状などは違っていても、抱く「感情」は比較的近いものじゃないかと考えています。
何か頑張りたいのに障害がある…そこに視点を向けると「上手く行かない」だったり「邪魔者」だったりパターンが多い。
が、感情に目を向けると「ムカつく」「もうヤダ」「悶々とする」くらいに絞れます。
とは言え理想、現状などを全く無視すると「何の事について言いたいのか分からない」となるので、
大雑把に、だけど舞台、状況を設定する、という事から語るのが良いのかな、と思ってます。


・「韻を踏む」
ラップ的な…というと少し語弊がありますが…らっきー、はっぴー、きゃっちー!
…みたいな…似通った語感のフレーズが連続する辺り、この辺りも重視しています。
これは「ヴォーカル」を「楽器」として捉えた場合、耳当たりの良さを考えています。
歌詞との比率で見ると4:6くらいで歌詞の方が少し重め、と言った程度です。


・弾幕要素〜キャッチーさ
最終的にはオーソドックスにニコニコ動画に投稿予定です。
その上で私は重視してきたのは「弾幕要素」です。
つまり、「キャッチーさ」が非常に重要という事…です。
この曲はローテンポなのでなかなか難しいですが…コメントを得る事は伸びにも直結します。

個人的には、ローテンポであっても「歌詞は2〜3回聴いたら何となく覚えられる」様なものが良いと思って居ます。
これは印象に残るというのもありますが、覚えやすい=聴き易いというところでもあります。
その為、1番、2番とあまり歌詞、語感を変えない方を好んでいます。


・テレビゲームに関する語句を使って現実を皮肉る
ChiTune、ファミコン音を使っているところから重視しています。
とは言え専門的な言葉は聞き手により「???」となるので本当に簡単な語句だけで。
「現実にリセットボタンがあればいいのに」とかその程度です。


・キャラクター
14〜20歳くらいの思春期の若者です。(使用ボカロが鏡音リンである事も影響しています)
感じ→カンジ など、あえてカタカナにする事も好みです。(過度にはやりません)
ありのままに感じた事、こうしなきゃいけないかな、と思った事を素直に吐き出す、
という愚直なスタンスを好んでいます。

何でも無い、もっと言えば誰でも無い感じですね。


posted by 星威 at 23:23| 長野 ☀| Comment(0) | 曲制作プロジェクト用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月28日

らいじんぐあっぱー サビ2パターン

『らいじんぐあっぱー』の進捗状況と、アンケートです。
(21:00、Bパターンを更新しました)

ええと…
ここに来てサビが微妙なのでドン詰まりました…

どういう事かと言うと、『サビが何だか盛り上がらない』『サビのメロディラインが微妙』という事で、
つまりサビのメロディライン(ボーカル)を見直していたわけです。

調教の方向性が定まった中なので辛いですwww
しかし何と言っても「サビ」です。一番の盛り上がりどころなんです。
で、サビの盛り上がりが何だか欠けるってのは致命的なので…
妥協もし過ぎると全体レベルが著しく落ちる…これは不味い、と。

昨日丸一日うんうん唸りながらボカロエディタとにらめっこしていましたww
没案は2ケタに上り何とかひねり出したのが現行案です。。。


上が旧バージョン、下が新案バージョンです。
また例によって、サビはすっぴん調教(細かい調教を施していない状態)です。
イントロ、A、Bは済ませてます。イントロは見直し対象ですがwww

旧案をA、新案をBと表記します。



更新しました!


うーん、相対的に、Bの方がバランス取れてる印象ですね。
全体としても、Bの方がサビとして、Bメロとの微妙な変化もあって(まだ)良い印象。

ただ、サビの出だしはAの方がインパクトがある。
AとBは出だし自体はさほど違いが無いので、出だしはA準拠に再度アレンジ、の方が良いかな?
と言った感想ですね、自分の場合は!
(↑追記:更新し、Aに近く、また発音はBメロからの流れで速いものを多くしました)

意見、感想頂ければ幸いです。
ちなみに、A,Bのサビの流れに合わせて、一部ベースラインが変わってます。
と、同時にメロ構成に合わせて無理が無い様に歌詞も一部変わっています。。。

イントロは現状、ABともに同じですが、Bで行く場合は変更かけます。


あとイントロの調教が微妙なトコとか、「ヤァッ!」とかはノー突っ込みでッ!
って言い訳になっちゃうんですがすみません、まだ試作段階です…。

どうしても叫ぶ様な事は出来ないので、オーバードライブをかけてメガホン状態にする事で表現しようかと…。
「ヤァッ!」自体をもっと伸ばしても良いかもですね。

ヤァ!がやりたかった曲なので外すという選択肢は無しですww


それではお願いします。
サビは今は両方とも少しのっぺりしていますが、調教をすればハッキリするはずです。
調教すればする程に効果が如実に出るのがリンですから!

つまりリンはドMなんだよ!!!
…おまわりさん、ここです、私です。

posted by 星威 at 16:31| 長野 ☁| Comment(0) | 曲制作プロジェクト用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月01日

らいじんぐあっぱー(インスト)

インストを公開して欲しいとの要望がありましたので、
現行版で他には手付かずではありますが、VO無しのインストを公開します。

正直これ以降は、歌詞が(VOが入る)決まらないと進めにくい…のです。
理由はVOを前提としてアレンジをしていかないとVOが潰される、故に…ですorz

ともかく実生活のドタバタもようやく終わり、一先ず今月中くらいは集中して曲制作に打ち込めそうです!



posted by 星威 at 21:16| 長野 | Comment(0) | 曲制作プロジェクト用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月14日

【歌詞募集】新曲VO入りデス



お待たせしました。
「ららら」でVOラインを入れました。

歌詞についてはハッキリ言って…『全く構想無し』です。
BeDash以上に明確なイメージが無いままに作ってしまった結果がコレ…です。

鬼彼女と比べて劣化した最大のポイントはそこでしょうかね。
ハッキリとした目的、イメージが無く、曖昧。

だから音作りも曖昧だし、メリハリが…
と…ネガネガするのは勝手ですが出来たもんは出来たもん!
最後までキッチリ作ってやろーじゃないの!

もしかしたら歌詞がくればイメージ変わるかもだし!

と、言う訳でピアプロにも上げますがここで先行で歌詞の募集を開始します。
欲しいイメージや条件については今日中に纏めてピアプロに上げますので、暫しお待ち下さい。


さーて!コレをやる傍ら犬彼氏を作りつつ!
ギター録音やら何やら!頑張ろうじゃぁないかぁっ!


それでは皆様宜しくお願いします!

posted by 星威 at 21:56| 長野 ☁| Comment(0) | 曲制作プロジェクト用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月11日

ライジングアッパー(仮)更新その1

あーい、お久しぶりです、星威です。

以前に『らいじんぐあっぱー(仮)』を公開してから大分時間が経ってしまいました。


………それもこれも、感性ちゃんが浮気してどっかに行ったからだ…グギギッッ!
で、まぁ今日は休みだったんですが…今日は感性ちゃんがウチにカムバックしてくれて、
長らく隣に座ったりへばりついたり(←)してくれてたので大分作曲も進みました。

進んだのは新曲の方で『犬彼氏』はサッパリ進んでないんですが…w

それでもどっちか片方でも進んだのは嬉しい限りッ!



と、言う訳で前回の状態から、個人的にはグレードアップした姿をご開帳〜!!


ファイルは1番Bメロまでご視聴出来る形となっております。
制作が1番Bメロの終わり際までしか進まなかったので…
更に、サビ直前は不完全な出来です。ソコでインスピレーションが一旦切れましたorz



…で。

………またやっぱりガチャガチャとしてますね…
もう既にお家芸化してる様な悪い癖です(´;ω;`)

鬼彼女の様な神降臨ップリはやっぱり無いですね。
BeDashの様な難産型です。

まぁでもとりあえず最大の問題であった『迫力』は出せたんじゃないかなと思います。
前回のノペーッとした様な展開からは大分差を付ける事が出来ました。
個人的にはBメロが気に入ってるんですが…これヴォーカル潰されないかなぁ…w


ま、まぁまぁ…感性ちゃんが遊んでくれてる間に、どんどんやってきたいと思います!
それではまたーっ!!


posted by 星威 at 00:58| 長野 ☔| Comment(0) | 曲制作プロジェクト用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月23日

鬼彼女-歌詞イメージ更新

ええと、二つ下の鬼彼女のイメージに関する記事を更新しました。

鬼彼女-歌詞イメージ

と、

鬼彼女-歌詞選考中に感じた事

の二つです。


特に前者の、鬼彼女-歌詞イメージには大きな変更点があります。

この曲で何をやりたいのかという項目が増えています。
恐らく、多くの作詞家様にとっては、路線が食い違うところがあるかと思います…。

重要な情報が後だしになってしまい大変申し訳ございません…。

それでは、宜しくお願い致します。


posted by 星威 at 04:34| 長野 | Comment(0) | 曲制作プロジェクト用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月18日

鬼彼女-歌詞選考中に感じた事

はいっ!
えー、鬼彼女の歌詞募集を開始したのでブログも更新頻度が上がりました。

ピアプロは作詞者様を集める!
という観点においては非常に便利なサイトであるんですが、
肝心のページ内の説明が1,000文字しかかけないのが難点です。


特に私は文章を纏めるのが苦手でドッサリ書いてしまうので…orz



さて、今回の記事はタイトル通り、
多くの歌詞を見させて頂いて、その中で感じた事を箇条書きにしたいと思います。

■こういう要素に対して
・こう感じた

という形で。
イメージは掴みきれてないものの思うところはあったので、
自分のイメージの書き出し+作詞家様の参考 として役立てば良いなと思います。

プロジェクト中は随時更新予定です。



---------------------------------------

■彼氏の人物像が、「冷める」か「もどかしい」か
彼氏さんが、人間として呆れられる冷めるタイプなのか、頑張ってるんだけどどうもダメなタイプなのか。
この違いはとても大きく感じられました。
頑張ってるんだけど何かダメっていうタイプには、期待が持てるんですが、そうじゃなく人間としてダメで呆れられるタイプだと期待が持てない為、聞く側として冷めてしまう印象がありました。




(この他は随時書き出ししますので少々お待ち下さい)
posted by 星威 at 12:59| 長野 | Comment(0) | 曲制作プロジェクト用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月17日

鬼彼女-歌詞イメージ

えぇっと、遅くなって申し訳ございません…
鬼彼女の歌詞の募集をピアプロにて開始致しました!

※基本的な要項はピアプロページに記載してあります↓
http://piapro.jp/content/a9d336uug7z8rwnp


つきましては、「こんな歌詞が欲しい」というイメージの補足をしたいと思います。


【全体イメージ】

・ツンギレ系?(少々語弊があるので【イメージの差異】参照)
・ヘタレな彼氏に怒りまくる彼女
・ドMホイホイ?
・甘酸っぱい本音の愛情を鈍痛が走るくらいの激辛で際立たせる
・摂氏10,000度以上の渾身ラブソング
・摂氏10,000度とインパクトを出す為に基本は激辛、激酸味
・とは言え可愛さは重要デス
・×そっとハグ  ○脊髄骨折さば折りベアーハグ



【この歌でやりたい事:長文編】

えーとまず。
この方向性はずばり純情ラブソングです。
ただ、どうせ恋愛曲をやるならトンでも無く激しいものにしたい!
と、言う事で考え付いたのが、音の愛情をトンでもない激辛の中に置いて際立たせるという事です。

そっと優しく抱きしめる…のではなく、
体を真っ二つに締め千切る強さで抱きしめる感じですね。
単純に「好き」と言うよりは、「確かにアンタはダメダメな奴だけど、でもッッ!」
みたいな感じです。

そういう意味ではツンデレの延長ないし、亜流と言っても良いのかと思います。
人の本気本音の愛情って凄くステキだと思うので、
それを出すなら、本音が出やすいシチュって何だ?→怒ってる時だ!
と考え、「ツンギレ」「ブチキレ」を全面にとなる訳です。

食べ物で言えば甘いものでも、辛いものを食べた後の方が凄く甘く感じますよね。
それを極端にやろうという事で演出するスパイスが「ツンギレ」な訳ですね。



【こちらの持つイメージ:予想されるイメージの差異】

まずタイトルの「鬼彼女」という言葉から、
「ちょ、調子に乗らないでよね(///)」的なツンデレ系が思い浮かぶ方が多いかと思います。

間違い…では無いんですが、ちょっと違いますね。
「ヒネた性格のせいで素直になれないの」も歌詞作り次第でアリだとは思うんですが…私の中では少し違います。

また、ドMホイホイ的な要素も、「ひれ伏しなさい!」的なノリ…
つまり、「お嬢様」「お姫様」系でも無いです。


更に言うと、ツンギレ系というのも少し語弊があり、
むしろ素直なはずなんだけど男のヘタレ具合にツンギレざるを得ない!
と、言った方が正しいかなぁ〜と思います。

ブッキレて発せられる物凄いエネルギーの中に本音のデレというか愛情を混ぜる、というのをやりたいと考えています。


そういう意味で、「割とリアルな感じ」があるかと思います。
何処にでもありそうなカレカノのやり取りを持ってきて、
ありありと心情を描く。
言葉としては「キレデレ系」と言った方が正しいかも。

この辺りは私自身が「リアリティ」を大事にしている面もあります。


ただし、上記をそのままやってしまうのは危険で、
それはそれで受け入れられないものになってしまう可能性もあります。
(人によっては、共感が沸かなかったり、酷いと「ウザい」と捉えられたり)

よってそこは上手い事、結局は可愛くデフォルメして作らざるを得ないかな、と思います。
(それを意識した音作りでもあります。ロックなんだけど玩具っぽい)

また「彼女も彼氏もどちらも好感の持たれる人間」にする事が重要かもしれません。


歌詞のストーリーの一例を上げるとすれば、

男の子は彼女の事が大好きで、彼女の事を一生懸命考えて、あれこれ頑張ってる。
だけど、今ひとつ、女心が分からない。弱気でリード出来ない。
女の子の方も男の子の事がホントに好きなんだけれど、どーも男の子の方が今一歩ダメで「あんたねぇえええ(怒)」的に怒ってしまう。

お互い上手くすり合わなくて、悲惨なんだけれど…
それでも男の子は女の子が好きだから頑張るし、女の子だってそれを分かってるから、男の子が好きだし、期待もしてる。

で、男の子がちょっぴり成長して、お互い少しだけすり合うようになる。




などなど。

女性の方は、女心を分かってくれない男の子にヤキモキムカムカ…どうして分かってくれないの!
…と言った経験などあると思います。
で、あーだこーだ言いまくって、男性の方もズーンってしてるんだけど、
何だかんだ言いまくってると何時の間にか成長してたりとか。

そう言った事象や感情をデフォルメしまくってやろう!
という様な考えとも捉えて貰っていいと思います。

(ただ、実際このストーリー設定は調整がかなり難しいかもと思います。
 リアルに描くという事は、それだけ「反感」を持たれるリスクを持ちます。
 怒る、というのは相手にストレスを溜めさせる行為ですから)


ツンギレだブチキレだと連呼していますが、
怒るという事象← に対して →純情な本音
というギャップを描く事で、より人を惹き付けれるかもしれません。

怒るに至る本気の本音とか、人間の心情こそが魅力の源じゃないかなと思います。




ただ重ねて申し上げますが、
このイメージ以外の歌詞も大歓迎です!
もっと良いイメージがあるかもしれませんし、得意な方向性に違いもあると思います。

しかし一応私は「このイメージで作ろうと考えている」事は申し上げます。



【歌詞作り・言葉作りについて】

一応参考までに、言葉作りに関する私の好みです。

私は言葉作りとしてより普通な、現実的な雰囲気を好む傾向にあります。
ただこの辺りは作詞家様の作風もあると思いますが…

私の過去曲の「こんてぃにゅー?」や「BeDash」を見て頂ければ、
大体どんな感じの言葉作りをするのかご理解頂けるかな?
と思います。お手数をお掛けして大変恐縮ですが…。


また他のイメージとして、歌詞の主役は14〜17の思春期の少年少女。
鬼彼女、というタイトルの通り気の強い女の子を意識して頂ければと思います。




現段階ではこちらが提案出来る要素は以上かなぁ…と思います。

より話が進む中でもっと提示できる事がありましたら、こちらに追記していきたいと思います。


※質問、意見等はできればピアプロのメッセージにてお願い致します。
(管理のしやすさの問題です。お手数をお掛けします)


posted by 星威 at 01:51| 長野 ☁| Comment(0) | 曲制作プロジェクト用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。